2018年02月11日

ファクトム FCT Factom


ファクトムとは

アメリカで人気のある仮想通貨で、
ファクトムというコインがあります。

様々な投資家から注目を浴び、
これから期待できる仮想通貨の一つです。



仮想通貨ファクトムの特徴

ファクトムは2015年に公開された、
アメリカで生まれた仮想通貨です。


ファクトムとはプラットフォームの名称で、
仮想通貨としての名称は、『ファクトイド』と言います。



仮想通貨ファクトムの人気の理由の一つに、
個人情報の漏洩リスクが低い特徴があります。


さらに、
様々な情報を、
多額の費用をかけることなく保管することもできます。


仮想通貨ファクトムの機能

仮想通貨ファクトムは、
ビットコインのブロックチェーンの問題を、
解決すべく開発されました。


手数料やコスト、
ブロックチェーンのデータ量を、
削減するように作られています。


そして、
ファクトムハーモニーと呼ばれる、
新たな施策にも取り組んでいます。


仮想通貨ファクトムは、
ビットコインのブロックチェーンの問題を、
解決すべく開発されました。


手数料やコスト、
ブロックチェーンのデータ量を削減するように作られています。


そして、
ファクトムハーモニーと呼ばれる、
新たな施策にも取り組んでいます。



ファクトムハーモニーとは?

ファクトムは、
文書の認証や存在証明、
電子記録やログ記録を残すために、
ブロックチェーン技術を採用しています。


ファクトムの技術が実現したことで、
その証明書が記録されたことを、
第三者機関に委託せずに証明することが可能になりました。


これにより公的な証明書を維持するコストや、
これまでのあらゆる証明書に関する問題が、
解消されることに繋がっています。


そして今回のファクトムハーモニーでは、
住宅ローン市場に置いてのデータ管理に役立ちます。


1兆ドルにも達する米国住宅ローン市場のデータ管理を、
ファクトムのブロックチェーン技術を、
本格的に採用することが決まりました。


仮想通貨ファクトムの将来性は?

ファクトムは、
米国住宅ローン市場の管理への導入をきっかけに、
世界中で同様の管理目的での導入も見込まれています。


今後、
ファクトムが普及して行く可能性は十分に考えられるでしょう。


それを証明するように、
この素晴らしい機能は、
ベンチャーキャピタルから評価されており、
多額の出資も受けています。


円に換算するとその額は約8億円以上にのぼり、
様々な企業が期待を寄せています。



何と言っても、
仮想通貨の最も懸念される点でもある、
ハッキングリスクについてです。

このハッキングリスクを、
仮想通貨のファクトムは最小限にすることが出来ます。


これは非常に大きな利点であり、
ユーザーに選ばれていく上で重要なポイントになるでしょう。




参考♪




a_rise at 17:08|PermalinkComments(0)仮想通貨 
記事検索
QRコード
QRコード