2009年11月10日

社会科学


社会科学(しゃかいかがく)は、法や国家、政治、経済などの社会的諸事象を科学的方法による観察・分析・考察を基にして、客観的法則性を把握し、各分野ごとの系統的認識を作り上げた学問分野の総称である
広義の人文学に含まれるとされ、それらとともに文科系と称されることもある。


概要
多くの分野が、哲学から専門分野として分化することにより生じた。
意義は、客観的に真実を追求する事とともに、人類にとっての有益を追求することである。

社会科学は、文科系学問において基礎となる間主体的な洞察力、及び、自然科学に由来する客観的視点を両立することで成立する。



学問分野

以下に挙げる学問分野が代表的なものである。

法学
政治学
経済学
経営学
政策科学
社会学
地理学・地政学


なお人文科学などとの区分が曖昧な学際的学問分野も多い。
以下、そうした社会科学の分野を列挙する。

哲学
歴史学
地域研究
社会福祉学
文化人類学
教育学
心理学(社会心理学)
言語学(社会言語学)


自然科学との隣接分野としては以下が代表例である。

都市工学
数理経済学・経済物理学
自然地理学

日本の大学では、これらの学問分野の教育・研究を主に法学部・経済学部・経営学部・商学部・政経学部・教育学部などがおこなう。



批判
客観性を重視しているとはいえ実証性や再現性に乏しい分野が多く、その普遍性や実用性は議論の対象となることが多い

たとえばノーベル物理学賞を授与されたリチャード・ファインマンは、社会科学は科学に値しないと批判している




参考♪



a_rise at 04:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)辞書 
記事検索
QRコード
QRコード