2009年11月01日

前回の教訓を活かして。


とりあえず、
やってしまった事は、
しょうがない。


それでも、
ニュージーランドドルで、
勝負します。


まず、
月曜の朝、
『モーニングサテライト』を見て、
情報収集。


その後、
『外為どっとコム』さんの【ウィークリービュー NZD/JPY】を見て、
情報収集。
その他も。


予想レンジとか書いてあるけど、
完璧に信用してはいけません。


自分で、
相場のトレンドを読み、

自分の、
トレンドの方向感や、
上値・下値を、
持つ。


様子を見たい時は、
『バーチャルFX』で取引きをしてみる。

それで、
良い結果が出ても、
後悔はしない。


流れはいつかやって来る。


自分の中で、
ちゃんと考え、
確信が持てた時、
ポジションを持つ。(ストップロスを忘れずに。)






さて、
ここまでやって、


どこで、
利益を確定し、

どこで、
損切りをするか?


と、
いう問題になってくる。



僕に合った、

『投資スタイル』を考えると、


麻雀で言えば、

【ピンフで結構。】

で、

ある。



大きな利益は狙わずに、

『あがれるなら、あがっちゃおう。♪』


利益確定は、

【3,000円もあれば充分。】


それの繰り返し。


継続は力。

ちょっとずつ行くしかない。



それでも、
最大限の利益を追求するため、

OCO注文で、
ストップをどんどん変更していき、
利益を確定しながら、
トレードして行く。




問題は、
どこで損切りするか??


NZDの場合、
結構、値動きが激しい。

特に、
売りの時は、
短時間で、
3円〜4円は平気で動く。


この辺は、
もう自分の感覚で、
15,000円の所で、
ストップを入れる。



リスクとリターンの割合が、
5:1
という、
形になってしまうけど、

逆に、
利益確定を、
【3,000円】と、
設定していることから、
勝率は上がると、
思ってます。



『安い時に買って、高く売る。』

『高い時に売って、安く買う。』


が、基本。



この場合、

レンジ取引きに限るので、

いつか、

どちらかに突き抜ける。

と、

いう事に注意する。







a_rise at 09:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
記事検索
QRコード
QRコード