2017年12月04日

vol.83 ユーロ・円 買

日付

2017年10月25日(水)



通貨ペア
成立値×数量 ポジション


ユーロ・円
134.426円×10 買


【売買するとき、
何故その取引きをしたのか】


26日にECB理事会がある。

緩和政策縮小の方向で、
なんらかの決定がされるはず。


利上げはまだにせよ、
トレンドはユーロ高の方向。


これを書いている今現在、

134円20銭付近。



このレベルで「10」買 というのは、
今まででは考えられない。

が、

今のポジション構成を考えると、
ユーロのマイナスがかなり大きい。

全部で14万ぐらいある。


この先のユーロの中長期的見通しは、
ユーロ高の予想が多い。


年末相場も近付いて、
136円という声も聞かれる。


下がるのを待って、
大きく買うのもいいが、

今買ってもたぶん問題ない。


下がった場合は、
ポジション全体のマイナスが減る方が大きい。


上がった場合は、
速やかに決済して、
マイナスのポジションと相殺する。


今現在は、

ユーロが上がれば上がるほど、
全体のポジションがマイナスになっていく状態。


それを解決するための手段として、
このトレードをしてみる。


上手くいけば、

なんとか年末までに、
赤字のポジションを解消できる。


結果はどうなるか?


お楽しみ。♪




2017年10月27日(金)

前回の続きで、

これ以上のマイナスの増加を防ぐため、
昨日と今日でさらに買い増し。


ドル・円 5 買

ユーロ・円 10 買


ドル・円は、
来週ぐらいに、
FRBの新しい議長が決まりそうなのと、

年末相場へ向けて上昇するだろうという予想で。


あと、

ドルのポジションも、
けっこうマイナスが膨らんできたので、

これ以上のマイナス増加を食い止めるため。


ユーロ・円は、

ECB理事会が終わり、
緩やかな緩和縮小、
ハト派的印象ということで、

132円80銭ぐらいまで下落。


これを前回の続きで、

マイナス増加を食い止めるために買い増し。


これによって、

保証金率が600%台に。


なので、

今後しばらくは様子見。


これ以上のトレードは、
保証金率の悪化に繋がるのでしないことにする。


どうなるか?





2017年11月7日(火)

ユーロもドルも下がっている。

今現在、

ドル 113円70銭 付近
ユーロ 132円00銭 付近

ユーロに関しては、
かつての上昇の勢いが感じられなくなった。


カタルーニャ独立問題と、
ECB理事会がハト派的印象ということで、
下げている。


完全に裏目に出た。


が、

ポジション全体の赤字は、
増えてもいないし、
減ってもいない。


どうしようもない手詰まり状態。


レンジブレイク待ち。


しばらく放置。





決済日時
2017年12月4日(月)

まだ全て決済していない。

半分くらい残っている。


成立値


いろいろ。


【決済するとき、
何故決済したのか】


今年も残すところ1ヶ月を切った。

当初ユーロはもっと上がる(年末136円)と思い、
これ以上の赤字幅拡大を防ぐ為、

高値での10×買のポジションを取ったが、
急に上昇圧力が弱まって、
そこがここ最近の天井となっている。

遅すぎた。


年明けぐらいから、

毎年恒例の円高が、
少しずつ始まるとして、

12月は、
買の方針から売へと方向転換する時期とすることにした。


【利益・損益がどのくらいだったのか】

まだ全て決済していないが、
マイナスの大きいポジションを相殺しながら、
だいたい ±0円になっている。


【そのトレードから何を学んだのか】

今回の、

「高値でのさらに大きな数量での買増し」作戦は、

結果的には失敗に終わった。


けど、

学ぶべき点が多かった。


失敗に終わった原因として、

遅すぎた。


振り返ると、

ユーロが122〜124円台をうろちょろしている時、

すでに116円台で保有していたポジションが何個かあって、
赤字が-10万を超えている状態で、

相場に上昇気配があって、

なんとなく自分もそれを感じてはいたけど、

ワカバヤシ・レポートでは、
相場は下落するとなっていて、

その後、

一気に128円までブレイクしたあの時と、


さらに、

その後の130円台超えの時。


特に後者の時は、

明らかに相場の力強い上昇圧力を感じる事が出来た。


トレードにもしはないけれど、
その時この方法を使っていたら、

もうちょっとマシな結果になっていたと思う。


思いつくのが遅すぎた。


勉強になりました。



今回は失敗に終わったけれど、

またこういう時があったら、
この手法を使ってみたい。


また、

赤字が大きくなってヤバくなってきた時に、

常に解決策を考えることができたのは良かったと思う。








a_rise at 08:00|PermalinkComments(0)2017 投機日記 
記事検索
QRコード
QRコード