2010年05月30日

投機家としての成功の秘密 6


古典経済学は、
参加者の思考に単に、
受動的な役割しか割り当てなかった。

それが、
完全な理解を仮定することを可能にし、
それは逆に、
完全競争の基礎となったのである。


その概念は、
複雑な発展を経験した。


そこでは、
完全な情報の仮定が、
完全な知識の仮定に取って代わり、
供給と需要の曲線が、
独立した所与のものとする、
いわゆる、
方法論的因習によって、
補足された。


この因習は、
市場価格が、
それらの曲線に影響を与えることができる、
再帰的フィードバックの仕組みを、
除外してしまった。


間近では、
均衡な立場からの逸脱は、
非対称の情報が、
原因とされてきた。

理論的枠組は、
少しずつ現実へと、
近づいてきたように見えるかもしれない。


実際は、
進行中の関与機能が、
考慮に入れられていないため、
現実から、
さらに遠ざかってしまった。


対照的に、
再帰の理論は、
現役の参加者を、
その出発点とする。


従って、
それは、
有益な概念枠組を、
彼らに与えることができ、
私も、
そのような方法で用いてきた。


この理論に不可能なことは、
参加者が、
公平な観察者としての立場がとれるようにすることである。


実際、
私は、
自らを傍観者の立場に置き、
出来る限り公平でいられるよう、
試みたことがある。



人から、
感情を取り除くことは、
不可能である。

ということは分かるが、

心理状態を、
出来る限り安定させることは、

外界における、
変化を見極めることができる土台を、
維持するためには、
重要である。


もし、
その土台自体が、
市場とは異なる感情に反応しているとすると、

市場における、
変化に気付くことは、
困難になる。



もし、
参加者が、
一様の動機で動いているのであれば、

その作業は、
より容易になる。



それが、

私が、
自らのファンドと、
緊密な関係を持つことによって、
成し遂げようとしたことである。




しかし、

その過程は、
合理的思考とは、
非常に異なったものを伴う、

ということが、
認識されるべきである。



それは、
感情移入と表現するほうがよいであろう。



参加者は、

市場の思考に共感し、
それを内面から理解しようとするのである。



私には、
他の投資家たちよりも、
その作業が容易に感じた。



それは、
一つには、

自分のヘッジファンドと、
緊密な関係を持ったためである。




私は、

市場が、
自分と同様に考えていると仮定し、

個人的感情から、
自らを引き離すことによって、

市場状況の変化に、
気づくことができたのである。


これは、
難しい鍛錬であった。



それは、

自分自身の感情を、
市場の感情に、
従わせることであり、

結果的に、
新たな見方をすることを、
困難にした。



私の家族には、
そのことに憤慨する、
もっともな理由があった。





私は自らを、

成功のために、

多くのことを犠牲にしなくてはならない、
訓練中の運動選手やボクサーであると考えたからである。









参考♪



トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
記事検索
QRコード
QRコード