2011年10月28日

P193 確定利付き証券を選択するときの要約


1. 発行体の規模

地方自治体(人口)
30,000人

公益事業会社(総収入)
2,000,000ドル

鉄道会社(総収入)
3,000,000ドル

工業会社(総収入)
5,000,000ドル


2. インタレスト・カバレッジ

公益事業債(過去7年平均)
1.75倍

鉄道債(過去7年平均)
2倍

工業債(過去7年平均)
3倍

不動産抵当債券(推定値)
2倍


3. 不動産抵当債券

(平常時の実売価格に基づく)、
その不動産の適正価格が、
債券価値の50%以上であること。

投資信託債
―資産の価値に基づいた上記と同じ基準


4. 株式時価総額

公益事業会社
債券債務の50%

鉄道会社
債券債務の66 2/3%

工業会社
債券債務の100%







参考♪



トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
記事検索
QRコード
QRコード