2012年01月31日

P363 事例


ワラント付き証券の理論上、
および、
事実上のメリットを立証するものとして、

コマーシャル・インベストメント・トラストの、

優先株、
(配当 6 1/2%)、

のケースを見てみよう。


この優先株は、
1925年に発行され、

1株当たり80ドルで、
普通株を購入できるワラントが付いていた。


このワラントは、

1929年に、

69.50ドルという高値をつけた。


このため、

優先株の保有者は、

そのワラントを高値で売却して利益を確保する一方、

主証券をそのまま保有することもできた。


これによって、

この優先株の保有者は、

1933年4月1日に、

価格110で最終的に償還されるまで、

投資の地位を維持しながら、
不況期を乗り切ることができたのである。


償還時の普通株の価格は、
約50ドルだった。


この優先株に、

ワラントの代わりに、
転換権が付いていたとしたら、

多くの保有者は、
この優先株を普通株に転換したであろうが、

そうすれば、

大儲けどころか大損を被ったのである。











参考♪



トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
記事検索
QRコード
QRコード