2012年02月15日

P376 転換権行使の据え置き


転換証券が発行されたあと、

一定の据え置き期間を設けて、
転換権の行使を制限しているケースもある。



事例


1925年12月に発行された、
ブルックリン・ユニオン・ガスの、

転換社債、
(利率 5 1/2%)では、

転換権が1929年1月まで据え置かれた。


このほか、

1907年発行の、
ニューヨーク・ニューヘブン鉄道の、

転換社債、
(利率 6%、1948年満期)も、

1923年1月まで転換権が行使できず、


1927年発行の、
チェサピークの、

転換社債、
(利率 5%、1947年満期)も、

1932年5月まで転換権が据え置かれた。



転換権の据え置き期間が、
これほど長いケースは珍しいが、

こうした慣行は、

転換証券のメリットと価値を、
大きく損なうものである。



1926〜27年に、

各社と債券と普通株に、
大きな価格差が生じたのは、

こうした慣行も一因となっている。


1928年の上半期には、

ブルックリン・ユニオン・ガスの、

転換社債と普通株にも、
大きな価格差が見られた。










参考♪



トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
記事検索
QRコード
QRコード