2012年09月28日

P504 社債発行差金


企業が発行する社債の多くは、

額面以下で発行される。


この差額分と支払利息は、

償還までの期間中に、
当期利益から償却される。




しかし、

この種の費用をバランスシートには記載せずに、

剰余金から一括して控除する、
いわゆる、
「保守的な」会計手続きをとる企業も、
少なくなかった。


もっとも最近では、

将来の利益を膨らませて株価を高値に維持するために、

こうした費用を、
剰余金から一括控除する企業も増えてきた。



例えば、

アソシエーテッド・ガス・アンド・エレクトリックは、

1932年に、

社債発行差金として、
589万2,000ドルを剰余金から控除した。


(ニューヨーク証券取引所は、
各企業のこうした会計処理を強く批判している。


株式上場委員会のホクシー副委員長は、
1933年2月に、
次のように述べている。


「[社債発行差金のような]繰延費用を、
資本剰余金や利益剰余金から、
一括控除してはならない。


そうした会計処理は、

将来の利益を歪め、

投資家に正確な情報を提供できなくなる。


この種の費用は、
当期利益から控除すべきである。


会計監査人は、

こうした費用を、
資本剰余金などから控除しようとする企業の会計処理を、
認めてはならない」)。









参考♪



トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
記事検索
QRコード
QRコード