投資家としての成功の秘密

2010年05月01日

投機家としての成功の秘密 4


実存の不確定要素、

私自身の、
資産への緊密なかかわり、

そして、
三次元の構造のために、

私は、
ファンドを、
シャム双生児のように、
自分とつながった生き物として、
扱うようになった。


これは、
比喩以上のものであり、
私には、
そう強く感じられたのである。


ファンドは、
私を疲れ切らせ、
同時に、
糧を与えてくれた。


逆に、
私は、
ファンドに、
生き物の特質があると考えた。



生物が携わる思考は、
合理的期待理論によって想像されるような思考とは、
まったく異なる。


後者は、
傍観者の思考と似ている。

それは、
私欲を最大限にするために、
仮定された目的に基づいた情報処理を、
伴う。


前者は、
思考のみならず、
感情も、
伴う。


確かに、
感情は、
多くの場合、
時間的要素のために、
思考よりも、
優先する。


大方の場合、
判断は、
急いで下さなくてはならず、

関連のあるすべての事柄を、
慎重に考慮する時間が、
少なくなるほど、

直感と、
根本的感情の役割は、

さらに重要になる。







参考♪



a_rise at 06:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
記事検索
QRコード
QRコード