その他

2011年06月21日


(りゅう、りょう)は、
中国神話の生物。
古来神秘的な存在として位置づけられてきた。


旧字体では「龍」だが、
字としては「竜」の方が古く、
甲骨文字から使われている。

荘厳にするため複雑にしたのが「龍」である。

「龍」は今日でも広く用いられ、
人名用漢字にも含まれている。



ドラゴンの訳語として、
「竜」が用いられるように、
巨大な爬虫類を思わせる、
伝説上の生物全般を指す場合もある。

さらに、
恐竜を始めとする、
化石爬虫類の種名や、
分類名に用いられる 。

saurus (σαῦρος, トカゲ) の訳語としても、
「竜」が用いられている。

このように、
今日では、
広範な意味を持つに至った「竜」であるが、
本項では、
中国の伝説に起源を持つ竜を説明する。


概要

竜は神獣・霊獣であり、
『史記』における劉邦出生伝説以来、
中国では皇帝のシンボルとして扱われた。

水中か地中に棲むとされることが多い。

その啼き声によって雷雲や嵐を呼び、
また竜巻となって天空に昇り自在に飛翔すると言われる。


「竜に九似あり」とされ、
角は鹿、
頭は駱駝、
眼は鬼(幽霊)あるいは兎、
体は大蛇、
腹は蜃、
背中の鱗は鯉、
爪は鷹、
掌は虎、
耳は牛にそれぞれ似るという。

また口辺に長髯をたくわえ、
喉下には一尺四方の逆鱗があり、
顎下に宝珠を持っていると言われる。


秋になると淵の中に潜み、
春には天に昇るとも言う。



十二支に各々動物が当てはめられた際、
唯一採用された伝説上の生物である。

後漢の王充『論衡』言毒篇に、
「辰為龍、巳為蛇。辰、巳之位在東南」とあるのが、
確かめられる最も古い記述である。

なぜ辰だけが想像上の動物になったのかは、
未だに議論の的であり、
定説がない。


ワニ学者の青木良輔は、
竜の起源は、
古代に長江や漢水に実在したワニの一種(マチカネワニ)であり、
寒冷化により絶滅した後、
伝説化したものだと主張している。

これは現在残っている竜の図像の、
歴史的変化からも窺えるとのことである。



インドの竜

竜の起源は中国だが、
インドの蛇神であり水神でもあるナーガの類も、
仏典が中国に伝わった際、
「竜」や「竜王」などと訳され、
八部衆の一として組み込まれた。

そうした関係から、
仏教伝来以後の中国の竜もまた、
蛇神ナーガのイメージから、
多大に影響を受けたことは想像に難くない。


例えば、
道教における竜王は、
ほとんどインドのナーガラージャと同じ性質を持つ。

ちなみに、

日本で、
ヒンドゥー教など他の聖典や文学などを翻訳する場合でも、

それらインドの神格を、
「蛇」ないし「竜」、
とするのが通例となっている。


竜にも善悪があり、
法行竜と非法行竜があるとされる。

また竜には、
一つに熱風熱沙に焼かれる苦悩、
二つに住居を悪風が吹きさらし宝を失い衣が脱げる苦悩、
三つに金翅鳥(こんじちょう、迦楼羅)に食される苦悩、
があるとされる。
(ただし阿耨達池に住む竜王にはこの苦悩はない)。


仏教では、
釈迦が生誕した際に、
二匹の竜が清浄水を潅ぎ、
成道時に七日間の降雨を身に覆って守護した、

また、

仏が、

毒龍を降伏させたり、
盲竜を治癒させるなどの多くの説話がある。

また、

法華経提婆達多品では、
八歳の竜女の成仏が説かれている。



日本の竜

様々な文化とともに中国から伝来し、
元々日本にあった蛇神信仰と融合した。

中世以降の解釈では、
日本神話に登場する、
八岐大蛇も竜の一種とされることがある。


古墳などに見られる、
四神の青竜が有名だが、

他にも、

水の神として、
各地で民間信仰の対象となった。


九頭竜伝承は、
特に有名である。


灌漑技術が未熟だった時代には、
旱魃が続くと、
竜神に食べ物や生け贄を捧げたり、
高僧が祈りを捧げるといった、
雨乞いが行われている。

有名なものでは、
神泉苑(二条城南)で、
弘法大師が、
祈りを捧げて善女竜王(清瀧権現)を呼び、
雨を降らせたという逸話がある。


日本国内には、
京都府の相国寺、
栃木県の日光東照宮の薬師堂、
長野県の妙見寺など、
3箇所の寺院で、
「鳴竜」などと呼ばれる仕掛けがある。

これは、
堂宇の天井に大きな龍の絵が描かれており、
この真下で拍子木を打ったり拍手をすると、
定在波によりパァァーンと響き、
それが竜が鳴いているように聞こえるものである。

かつて青森県にも、
竜泉寺にこの鳴竜があったが、
焼失したため現存していない。



竜の指

竜を描く場合、
最高位である五爪の竜は、
中国の皇帝しか使うことが出来なかった、
という説がある。

この説によると、
これは中華思想が元にあり、
皇帝の威厳を保つ役割もあったとされる。

もっとも、
この説には、
反証として例外も多く確認されている。

例えば、
京都の天龍寺にある天井画の龍は、
5本爪である。


ただし、
日本は、
早くに中華の冊封体制から抜け出していたので、
規制を守る必要はなかった、
という再反論もある。

現在は、
そのような取り決めはなく、
自由に描くことができる。


なお、

4本爪は貴族、
3本爪は士族、
2本爪は臣民、
1本爪は卑民、

を守護するとされている。



竜にちなんだ比喩・言葉

・竜は帝王の象徴とされるため、
帝王にまつわるものには、
「竜」がつくことが多い。
「竜影」(帝王の姿)、
「竜顔」(帝王の顔)、
「袞竜(こんりょう)」(帝王の衣服。「袞竜の袖にすがる」といえば帝王に助けを求めるという意味になる)、
「竜袍(りゅうほう、ロンパオ)」(清朝の皇帝の着る黄色の緞子の着物)。

・「竜」は偉大な霊獣とされるため、
漢字文化圏では人名によく使用される。

・「鯉の滝昇り」は、
鯉が滝を上ると竜になる、
「登竜門」という中国の故事伝承にちなむ。

・中国では、
恐竜など大型動物の化石は、
竜の骨(竜骨)と信じられ、
長く漢方の材料として使用された。

・竜の顎には、
一枚だけ逆さになった鱗があり、
これに触ると必ず殺されるという。
詳しくは逆鱗を参照。

・風水における気の流れは、
竜脈と称された。

・日本列島は、
その形状から、
竜と称されることがあり、
例えば、
「日本沈没」(小松左京)では、
物語終盤の日本が沈没する節に、
竜の死というタイトルを付けている。
同じく小松左京による自己パロディ作品、
「日本漂流」では、
日本列島の下には本当に竜がいて、
それをうっかり突いたために、
日本が世界中を泳ぎ回る。
Archultragigantonamasaurus nipponicus、
という名が与えられていた。

・黄河は、
古来その形状から竜に喩えられた。

・中国の古琴や和楽器の箏は、
竜に見立てられており、
「竜角」、
「竜尾」、
「竜眼」、
など多くの部分が、
竜の体の部分にちなんだ名称で呼ばれる。

・将棋で竜とは、
飛車が成った駒である竜王の略称。
ちなみに、
角行の成ったものは竜馬(りゅうま)だが、
こちらの略称は馬(うま)。

・麻雀では、
三元牌を竜に喩えることがある(英語で Dragon tiles)。
また、
ドラは、
三元牌を「ドラゴン」と呼んだことに由来したもの。



各種の竜

・八大竜王 - 和泉葛城山 八大竜王神社

・九頭竜伝承 - 九頭竜は日本各地に祀られている。

・五頭竜 - 鎌倉、龍口明神社

・龍神 - 龍宮に住むと伝えられる龍。水神や海神として各地で祀られている。

・四竜
青竜 - 清瀧権現。秩父神社(つなぎの龍)。
赤竜 - 七面天女、 山梨県七面山敬慎院。伊豆山神社。伝承では伊豆山神社が龍の頭で、芦ノ湖・箱根神社が龍の尻尾とも言われている。
白竜 - 箱根神社。白龍・九頭龍神社(箱根神社から更に西へ入ったところにある。徒歩、船等で行く)。
黒竜 - 和泉葛城山 など。北陸地方にも多数ある。

・黄竜

・金龍 - 浅草寺。浅草寺は金龍山というのが山号である。お守りも黄色い袋に金の刺繍で龍。磐船神社も金龍を祀っている。

・銀龍

・紫龍 三重県菰野にある福王山神社に紫龍の文字のみを掘り込んだ石碑がある。

・蛟竜

・応竜

・竜鯉

・竜人

・ドラゴン

・ワイバーン

・ヒュドラー

・リントヴルム

・ナーガ

・ワーム








参考♪



a_rise at 12:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
記事検索
QRコード
QRコード