2014 投機日記

2015年01月06日

vol.65 年末相場・原油安・中東


日付

2014年12月18日(木)



通貨ペア
ドル・円
ユーロ・円
南アランド・円

取引


数量
5
3
1

成立値( 平均)
118.830円
147.544円
10.331円


【売買するとき、
何故その取引きをしたのか】


年末相場へ向けて、

11月下旬頃には、
↑ これだけのポシションを持っていた。


この時、
ドル・円は、
124円とか130円など、
上値を追う声がよく聞こえていた。


円高を叫び、
115円とか110円などという声は、
一切なかった。



事実、

12月5日(金)には、
121.40円辺りまで上昇している。


この時で、16,000円ぐらいのプラスが出ていた。



ここで決済するのもいい。


十分な数字だ。


だが、

今は年末相場。


おそらく124円、
さらには130円まで行くだろう、

と思い、

決済せずに、

121円台でさらにポジションを1つ増やす。


が、

次の週、

原油価格の下落(65ドル→57ドル)を主な理由に、
急落。

あっという間に117円台に。

完全にリスクオフモード。


暗雲が漂い始めた。



せっかくの年末相場で、
勢いが出てきて、
盛り上がって来た所に、

水差された感じだ。



で、

こういう展開になって気付く。


あっ、
中東の人達を忘れていたな、

と。



よくわからないけど、

この人達は、

たぶん、

僕らがワイワイがやがやと盛り上がるのを、
面白く思わないんだろう、

と思う。



なんでかわからんけど。


で、

テロとか起こしたりする。



今回は、

そういうのではなく、

原油の生産量を3ヶ月据え置く、

ということで、

武力とか暴力ではないけれど、


なんか嫌がらせっぽく感じるのは、
僕だけでしょうか?



せっかく盛り上がっていたのに・・。



でもまあ、

この人達のことも受け入れないと。



急激な円安の歯止めにもなって、
良いところもある。


あまり欲を出して、
自分だけが美味しい汁を吸おう的な考えは、
ダメですよ、

ってことです。


そんな人には鉄槌を!!

たとえ我が身を犠牲にしでも!!


的なモノを、

今回強く感じました。



面倒だけど、

中東の人達を忘れてはいけません。



みたいな感じで、

相場は一気に下落。

リスクオフ。


持っていたポジションも、
全て赤字。

一時、-15,000円ぐらいまで行った。


昨日、FOMCがあって、

緩和について「相当な期間」、
と、
利上げについて「忍耐強く」、

の両方を盛り込んだ声明がサプライズとなって、


一時、116円後半を付けたドル・円も、
118円50銭付近まで上昇してきた。


それでも、

まだ5,000円ぐらいのマイナスだ。




今年の年末はどうなるかわからない。


オイルマネー強いからなぁ。



それでも、

2014年最後の勝負はこのポジションで行く。


なんとかプラスで終わってくれればいいんだけど。


どうなるかはお楽しみです。♪



決済日時
2014年12月31日(水)
PM15:17

ユーロ・円 148.226×2 を、
成立値 145.482円 で決済

損益 -5,488円


さらに同時刻、

ドル・円 119.654×5 で買



2015年1月3日(土)
AM3:07

持っているポジション全てを決済

成立値
ドル・円 120.256
ユーロ・円 144.440
南アランド・円 10.276


利益 +8,415円


トータル
利益 +2,927円



【決済するとき、
何故決済したのか】


大晦日になって、
ユーロの下落がきつくなってきていた。

ギリシャの大統領選挙がうまくいってないらしい。

最悪のシナリオっぽいのがギリシャのデフォルト。


どうやら今年の年末は上昇相場ではなさそうだ。

2〜3日前からそんな気はしていた。


で、


引き際を考えていた。


で、

出た結論が、

元気のないユーロのポジションを赤字決済して、
それを取り戻すために、
勢いのあるドルを5つと多めに保有する、

である。


結果、

大晦日の31日が終わった時点で、
少しの利益が出ていた。

たぶん2〜3千円。(覚えていない)


なんとなく、

想定していたカンジではある。


で、

そろそろ年末トレードも止めて、

また月トレードに戻ることを考えだした。


すると、

間近では1/5(月)が満月となっている。


それまで待ってもいいかもしれないが、

自分の中の相場展開は、
アルコアの決算発表ぐらいの時期に、
調整下落。

である


だから、

もうちょっと待ってもいいかもしれないが、
2日(金)にプラスになっていたら、
決済しようと思っていた。


すると、

ラッキーなことに約8,000円のプラスが出た。

ユーロの赤字決済を入れてもプラスだ。



以上の理由により、
持っているポジション全てを決済した。



【利益・損益がどのくらいだったのか】

+2,927円円



【そのトレードから何を学んだのか】

今これを書いている現在2015.1.6(火)、

昨日の晩、

原油価格が50ドル割れ、
NY市場はダウで300を超える大幅下落、
ドル・円は119.30付近、
ユーロ・円は142.50付近、

となっている。


ちなみに、

全てのポジションを決済した後、

すぐにユーロ・円で売ポジを持った。

平均で143.945円×4で、
約5,000円の利益が出ている。


本当に危なかった。


何とかプラスで終わることが出来た。



年末トレードということで、

約1ヶ月前から、
上昇相場を期待して大きめにポジションを保有、
それで年を越す、

みたいなやり方が恒例だったけど、

今年はそうはならなかった。


思えば、

1. 日銀の緩和発表後→(約+16,000円)、
2. 原油価格の下落→(約-15,000円)、
3. FOMCのサプライズ→(約+10,000円)、

(4. ギリシャのソブリンリスク)

という流れの中で、

2.が起こったのは仕方ない。

完全に予想外。


だけど、

3.のところで、
決済という選択肢を、
もっと考えるべきだったのではないか?

と思う。



年末相場・年末トレードということだけど、

何が何でも1ヶ月前のポジションを持って、
年を越さなくてもいいんじゃないかな、

ということです。


結果、

ギリシャのソブリンリスクも加わって、
ギリギリの大晦日に、
マイナスが出ていたユーロ・円を決済、
それを取り戻すために、
大きめのドル・円でナンピン、

みたいな・・。


2.のところで、
暗雲が漂い始めたことに気づいていた、
オイルマネーの怖さも知った、

その後、

3.でプラスに戻った。


でも、

常に暗雲は漂っている気がしていた。


今年は年越し上昇相場にならないような気もしていた。


ちょうどその頃、

翔ちゃんの本で、
「引き際」について書いてあるところを読んだ。

その時、

一瞬、決済の事を考えた。

だけど、

全て決済したら、
利益は3,000円ぐらいで、

結局その時は決済するのをやめた。


その次の日ぐらいから、
ユーロの下げがきつくなってきた。


虫の知らせ的なものもあった。

そんな気もしていた。



結果的には、

なんとかプラスで、
この年末トレードを終わることが出来たけど、

ホントに危なかった。


でも、

自惚れじゃないけど、

最後の最後になって、
この「年末トレード」から、
「月トレード」へ移ることを意識して、

5(火)の満月に近い、
年越し後の2(金)に全てを決済して、

さらに、

アルコア決算前のポジション調整を考慮して、
ユーロ・円で売のポジションを持てたのは、
良かった。

これを書いている今現在、
思った通りになっている。



何度も言うけど、

今回は、
結果的に何とかプラスで終われたけど、
かなり危なかった。


学んだことは、

年末トレードでは、
必ずしも、
そのポジションを持って、
年越ししなくていい、


「引き際が大切」、



ということです。








a_rise at 10:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
記事検索
QRコード
QRコード