2017 投機日記

2017年03月19日

vol.78 トランプ相場 → 3.15


日付

2017年3月15日(水)



通貨ペア
ドル・円
ユーロ・円


取引


数量



成立値

平均値
109.947円
120.468円


【売買するとき、
何故その取引きをしたのか】



vol.77 からの続きで、

「(続々) トランプ相場」として、
このvol.78 を書こうかと思っていましたが、

「トランプ相場」だとか、
言っている場合ではなくなってきました。


今日 3月15日からイベントが目白押しです。


とりあえずその前に、


3月9日(木) にECB理事会があり、
金融政策の現状維持を決定した。


で、

今夜 FOMCがあり、
0.25%の利上げか決定される見通し。

そして、

オランダ総選挙、
日銀金融政策決定会合、
英中銀金融政策、
米 予算教書 議会提出 (債務上限問題関連)、

と、

イベントだらけ。



これを書いている今現在、

ドル・円 114円60銭 付近
ユーロ・円 121円80銭 付近


メインシナリオは、

FOMC 利上げ決定
オランダ総選挙 無事通過

で、

115円越えから116円、

FOMCで、
年4回の利上げの可能性に言及があるなど、

サプライズがあれば、
117円 という声もある。


当ファンドもそのシナリオでいく。


けど、

117円までいったら売ります。


もうすぐあるG20がどうなるかも気になる。


今までG20の時は、
円安方向が多かった気がするんだけど、

今回は為替についての文言が変更されるとか?


「潮目の変わり時」となるのでしょうか?


ポジション的には、

今までの売ポジに加えて、

両建てで、
ドル・円を115円前半で3 買った。


今現在、
約-7万の赤字。


今日のイベントを、
シナリオ通りに通過してもらって、

この買ポジを何とか116円ぐらいで、
決済→売ポジにチェンジしたい。



さて、

どうなるか?


結果はもうすぐ。





決済日時
2017年3月16日(木)


成立値
113円40銭 付近


【決済するとき、
何故決済したのか】


3.15が過ぎました。


結果は、

FOMCは利上げを決定。
オランダ選挙は無事通過。
日銀 金融緩和の維持

となったのですが、

相場は円高。


ドル・円 112円70銭 
ユーロ・円 121円00銭


となっている。


16日の朝に、

115円台前半で買×3で持ったポジションは、
113円40銭 付近で損切り。

約-5,000円の赤字。


参りました・・・。



利上げ後は、

円高へいくと思っていたのですが、

その前に1度上がって、
それから下がるという読みがハズレました。

大ハズレ。


数日後には、
115円台へ戻すこともあると思うけど、

あまりにも読みが大ハズレとなったので、
損切りしました。




【利益・損益がどのくらいだったのか】
損益 -5,337円



【そのトレードから何を学んだのか】

今回は大ハズレしたけど、
自分の考えを試すことができてよかった。


また、

忙しい日々の中でも、
けっこうリアルタイムで、
この「投機日記」が書けたのがよかった。


去年末からのトランプ相場からのダメージも、
ほぼ無くなった。


時間かかりすぎ。


今はもう3月中旬です。


その間ずっとこの「投機日記」は、
日々の経過をたどっていくだけだったような気がする。


トランプ恐るべし。


今後も忙しくても、
テーマごとにリアルタイムで書いていく。








a_rise at 15:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
記事検索
QRコード
QRコード